子供の教育費について

子供の教育費について

休憩と勉強を組み合わせた教育方法

自宅で勉強する人、自習室や図書館など外部の施設を利用して勉強する人がいます。自宅で勉強できる人は無理して外に行く必要はありません。しかし自宅ではできない人が多く、夏休みなどは自習室などが満員になることがあります。それは確実に自習室などのほうが勉強がしやすいからでしょう。なぜそのようになるのでしょうか。

自宅においては何をするにも自由があります。勉強をするのも自由ですが、テレビも自由に見れます。寝るのも自由です。休憩を一度しだせばだらだらと休んでしまうこともあります。それが自習室になると勉強以外することがありません。多くの人が行っているので、だらだらと休憩をする事はありません。勉強の総時間を増やすことが出来ます。

教育方法では休憩と勉強を上手く組み合わせるのが良いとされます。まずは時間ごとで区切る方法です。1時間勉強して10分休憩するなどです。それ以外にページ数で決めることがあります。10ページ行ったら5分休憩をするようにします。時間ごとにするとせっかく調子よく勉強できているのに中断しないといけない場合があります。あまり無理も禁物ですが、場合によっては休憩を取る時間を延長して、集中できるときにしてしまう方法もあります。

Copyright (C)2017子供の教育費について.All rights reserved.