子供の教育費について

子供の教育費について

わからないところは戻る教育方法

塾であったり予備校において、そして学校においては集団教育が行われています。一人の先生に対してたくさんの生徒が授業を受ける形になっています。そのために全ての生徒が同じようについてきているわけではありません。平均的についてきている人もいればわかりすぎて面白くない人、全くわからなくてやはり面白くない人もいます。

新しいタイプの塾、予備校の中には個別指導と呼ばれる方法を取り入れているところがあります。塾の場合は個別指導が中心で、予備校の場合は集団指導と個別指導を混合しています。予備校の場合においては、集団指導で大まかに授業が進められますが、個別指導で調整が行われます。わかる人はどんどん先に、わからない人は戻ってわかるようにしてくれています。

これまでの方法だとわからないとそのままになってどんどんわからなくなる、勉強が楽しくなくなる状態になっていました。でも個別指導が加わることで個別の対応が可能になっています。わからないところを一時的に残しながら勉強する方法はありますが、わからない部分が多くなってくると勉強がどんどんわからなくなることがあります。戻りながら勉強する方法も取り入れるようにします。これは自分で勉強する時にも行えます。

Copyright (C)2017子供の教育費について.All rights reserved.