子供の教育費について

子供の教育費について

教育と貧困からの脱却

最近は貧富の差ということでの話題も世界中で起こっていて、またかという感じで聞いていたりしますが、これは今に始まったことではなく、多分どの時代にも昔からあったことなのだろうと考えられますが、だからといってそのままにしておくということは難しい問題でもあります。それは国情が不安定になるからです。それでこの貧困から脱却するということでは、やはり根本は教育ではないかと考えられます。時代劇でも字が読めない貧農の娘を買い取るとかで、不利な証文にサインをさせたりという話があります。これは物語ということではなく、現実でも知識がないことで、不利な状況に立つということがよくあることを象徴的に語っています。そしてその教育が必要であることもわかります。

この場合には、例えば子供の頃の義務教育で実践的な金銭の教育をすることにより知恵を得て、口が空いて塞がらないような失敗を、お金に関して防ぐことが出来ます。知っているのと知らないのとでは雲泥の差になるからです。他にも人生設計の考え方です。そのような教育を現実的にしておけば、自分の状態を理解して、今の家庭の状態よりも、上のランクの状態を知り、どうすれば手に入るかということも理解できます。海外の様々な国では、職能教育が現実的な技能取得ということで行なわれている国もあります。今でも工業高校や商業高校はありますが、それが上手くいっているとは言いがたいということで、学力が劣る場合に行く学校のような状態になっています。そうではない選択肢も必要ではないかということもあります。

Copyright (C)2017子供の教育費について.All rights reserved.