子供の教育費について

子供の教育費について

日本の金融教育というのは

日本の金融教育というのは、非常に遅れているといわれています。何しろ、そこまで金融で儲けることを是としていないからです。つまりは、実業ではない、という認識を持っているわけです。それこそ、場合によっては、不当に利益を得ている、という認識を得ている人も多いです。何しろ、不労所得、という名称になっていることも多いです。確かに労働はしていないといえますが、それでもリスクは負っているわけです。それにそれは配当を貰っている人であり、売買で利益を出している場合は、勉強はしているわけですし、何もしないで利益を得ているわけではないです。そのあたりのことをよく認識させるために金融教育をしっかりとさせる必要があります。はっきりいって、相当に難しいことではあります。農本主義とはいいませんが、やはり農業などの第一次産業が重要視されるべきではあります。

つまりは、あまり金融関係の教育に傾倒としてしまうとそちらばかりを重要視することにも繋がります。教育というのは、そのあたりのことが難しいことでもあります。しかし、基本的に今の日本に金融教育が足りていないのは確かであるといえますから、それはよく理解して、制度改革をするべきではあります。

Copyright (C)2017子供の教育費について.All rights reserved.