子供の教育費について

子供の教育費について

教育制度というのは基本的には

教育制度というのは、基本的には義務的に作るべきものであり、それが国力に影響することが多いです。だからこそ、日本政府も明治のときにまずは教育制度に力を入れたわけです。日本人はそれなりに識字率はよかったわけですが、それでもやはり国際競争に勝てるような知識ではなかったです。その時の主な学問と言えば朱子学であり、近代の化学、数学ではなかったからです。これが問題であり、今ではしっかりと改善されていることでもあります。決して、朱子学が悪い、というわけではなく、時代に俗話なくなった、ということでもあります。そこを勘違いしないことです。今の日本の教育制度というのは、まずは義務教育があります。小学校と中学校がそれに該当することになりますが、大抵の人は高校に進むことになります。つまりは、合計で12年は通うことになります。

もちろん、高校は中退をしてしまう人もいますが、それでも進学率自体は相当に高くなっています。つまりは、それなりに高等教育を受けている人達は多い、ということになります。そこは日本の良いところであるといえます。基本的には大学の進学率もどんどん良くなっていますから、極めて良いことであるといえます。

Copyright (C)2017子供の教育費について.All rights reserved.